Pocket

スポンサードリンク

ブロンコビリーのランチの特徴

メリット

  • 土日祝日も16時まで注文ができる
  • サラダバーのみの注文ができる(平日限定)
  • 夜の時間よりランチの方が同じメニューが安い

デメリット

  • 特になし

当記事で以下が3分で分かります。

  • ブロンコビリーのランチの特徴
  • ランチメニュー
  • 時間(ランチタイム)
  • 予約はできるのか
  • サラダバーの内容
  • 土日はランチを注文できるのか

ブロンコビリーのランチ

スポンサードリンク

ブロンコビリーは、郊外型のレストランです。

市内だけではなく、郊外にも駐車場付きで店舗展開を行なっています。

幹線道路沿いに店舗を構えているので、車でも気軽に立ち寄ることができるのが特徴です。

ブロンコビリーでは、ハンバーグやステーキといったランチメニューを展開しているのですが、サラダバーがあるので野菜不足にはなりません。

美味しさはもちろん、栄養バランスもしっかり考えられているため、根強い人気を維持することができているのです。

ブロンコビリーのランチの特徴

特徴①:平日も土日祝日も16時まで注文ができる

スポンサードリンク

ブロンコビリーのランチはサービス精神で溢れています。

他のファミレスのランチタイムと比較してみましょう。

ランチタイム 土日祝日
11時~16時
11時~16時
10時~15時
10時~15時
11時~15時 ×
10時半~17時 ×
10時~15時 ×
11時~15時 ×

他店との比較でブロンコビリーがいかにサービス精神旺盛だと分かりますね。

しかもサラダバーもあるので野菜不足にもなりません。

特徴②:サラダバーのみの注文ができる(平日限定)

スポンサードリンク

平日限定ですがサラダバーのみの注文ができます。

金額は680円+税です。

単品の注文は平日だけですが、土日祝日も大半のランチメニューにはサラダバーがセットになっています。

特徴③:夜の時間よりランチの方が同じメニューが安い

同じメニューを注文するならランチの方がお得です。

例えばブロッコリーの看板メニューのブロッコハンバーグを注文するケースで比較してみます。

内容は同じ

  • ブロンコハンバーグ190g
  • サラダバー
  • 大かまどごはん
  • ランチスープ

ですが金額は380円も違います。

ランチ

1,100円+税

1,480円+税

 

お得にしたい方は絶対にランチがおススメです!

ブロンコビリーのランチの特徴まとめ
  • 土日祝日も16時まで注文ができる
    ブロッコリーのランチ最大の特徴です
  • サラダバーのみの注文ができる(平日限定)
    680円でサラダバーが楽しめます
  • 夜の時間よりランチの方が同じメニューが安い
    ブロンコハンバーグランチの場合380円も安いです

ブロンコビリーのランチメニュー

ブロンコビリーのランチメニューは平日版と土日版があります。

2019年8月時点の最新ブロンコビリーのランチメニューをまとめます。

ブロンコビリーの平日ランチメニュー

ブロンコビリーの土日ランチメニュー

スポンサードリンク

ブロンコビリーのランチメニューは、680円+税〜提供されています。

ブランコビリーの看板メニューでもあるハンバーグやステーキをメインとしています。

これらのメインに、カキフライやガーリックライスといったメニューがコンビになっているものもあります。

ハンバーグとステーキの中でも、いくつかの選択肢があるので、立て続けに通っても味に飽きることはないでしょう。

こういったメニューは、大人も子供もワクワクしますし、確実にお腹も満たされます。

アツアツの鉄板で提供されるので、テンションも上がること間違いなしです。

ドリンクバーやスープは付いているの?

スポンサードリンク

ブランコビリーのランチメニューには、ドリンクバーはセットされていません

しかし、ランチスープは付いています。

また、栄養バランスを考慮して、サラダバーがランチメニューに含まれているメニューもあります。

プラス360円+税(平日は300円+税)でサラダとフルーツと惣菜がつくサービスもあるので、メインに合わせて選んでみると良いでしょう。

ガッツリ肉料理を食べると、どうしても野菜不足に陥りがちですが、ブランコビリーはその点は安心できます。

栄養バランスまで考えてくれているということが、信頼にも繋がっていると言えます。

スープは、ランチスープがセットされています。

平日ならプラス50円+税でコーンスープに変更することも可能です。

スポンサードリンク

サラダバーは夜とメニューが異なるの?単品はある?

スポンサードリンク

ブランコビリー自慢のサラダバーはランチの方が断然お得な価格設定です。

平日ランチ 300円+税
土日祝日ランチ 360円+税
400円+税

ちなみに、サラダバーの内容は季節によって変わりますが、昼と夜では同じです。

ただし、デザートだけは夜にのみあるメニューが2つあります。

  • 生八つ橋&粒あん
  • ビリーさんのふわふわティラミス

ブランコビリーがこだわった新鮮なサラダバーは、野菜不足を感じている方にも大人気です。

サラダバーだけを利用したいという声も出るほどなんです。

サラダバーには、一般的に想像できるサラダに加え、コーヒーゼリーやえびせん、フルーツ、フライドポテトなどもあります。サラダバーと言っても、他の内容も充実しており、満足度も非常に高く、リピーターも多いんです。

しかも鮮度にもかなりのこだわりがあり、提供直前にカットしているという徹底ぶりです。

スポンサードリンク

あまりにもサラダバーの人気が高いので【平日ランチ限定】単品サラダバーが登場しました。

価格は680円(税抜)で何度もお替り自由です。

このような他のレストランとは一線を画したちょっとした工夫というのが、功を奏しているのですね。

サラダバーの内容

スポンサードリンク

サラダバーの内容は基本メニュー+季節のメニューで構成されています。

季節のメニューはブロンコビリー公式サイトで確認できます。

→ブロンコビリーサラダバー季節のメニューを確認する(ブロンコビリー公式サイトに移動します)

ブロンコビリーのサラダバーの種類
  • できたてえびせん
  • トマト
  • オニオンスライス
  • つぶつぶコーン
  • わかめ
  • 手作りポテトサラダ
  • ロメインレタス
  • やわらかキャベツ
  • ツナマヨのパスタ
  • パクチーサラダ
  • しゅわしゅわ!ラムネゼリー
  • パイナップル
  • オレンジ
  • グレープフルーツ
  • コーヒーゼリー
ディナータイム限定のメニュー
  • 生八つ橋&粒あん
  • ビリーさんのふわふわティラミス

ランチ実施店舗

スポンサードリンク

ブロンコビリーのランチは全店で実施されています。

ただ期間によって異なる店舗や変更がある場合もあります。

ランチを実施しているかは各店舗に問い合わせるのが一番確実です。

→ブロンコビリーの店舗検索はこちら

ランチタイムは11時~16時

スポンサードリンク

ブランコビリーのランチタイムは、オープンと同時にスタートし、16時で終了します。

ほとんどの店舗が11時オープンなのでランチタイムは11時~16時です。

ゆったりと長めに設定されているので、遅めのランチでも余裕で入店できます。

土日もランチがある

スポンサードリンク

ブランコビリーでは、土日祝日もお得なランチメニューを提供しています

ランチサービスは平日のみとしているレストランも多い中、土日祝日もランチの設定があるのはありがたいですよね。

年末年始やお盆などの時期は、ランチ営業がお休みになることもあるので、事前にご確認ください。

メニューは平日と土日祝日で異なります。

ブロンコビリーのランチメニューは記事前半にまとめています。

ランチクーポン

スポンサードリンク

ブロンコビリーには、ランチ専用クーポンはありません。

しかしランチでも利用できるクーポンがあるのでご紹介します。

ブロンコビリーのランチで利用できるクーポン
  1. スタンプスクーポン
  2. スクラッチクーポン

1.スタンプスクーポン

スマホアプリスタンプスはブロンコビリーの利用ごとにスタンプが貯まるアプリです。

貯まったスタンプの数で特典があります。

スタンプスをダウンロードすると、その日に利用できるドリンクバー無料券があります。

アプリをダウンロードしておくことにより、来店毎にスタンプカードとしても利用できます。

貯まったスタンプは、割引などの特典にも使えますので、行く機会がある方は是非ダウンロードしてみてください。

→ブロンコビリーのクーポンはこちら

2.スクラッチクーポン

スポンサードリンク

ブロンコビリーの支払い時にスクラッチクーポンが必ずもらえます

内容はスクラッチを削ってからのお楽しみですが以下の内容が多いです。

  • ジェラート&ドリンクバー無料券(1人分)
  • 200円割引券

期限は約1、2か月で設定されています。

以上がブロンコビリーのランチで利用できるクーポンでした。

予約は可能な店舗も

ブロンコビリーでは、原則として予約は受け付けていません

しかし、予約システムEパークを導入している店舗の場合はこの限りではありません。

また、曜日や時間帯によっては予約ができる場合もあるので、店舗に確認するのが一番確実です。

予約は、店舗によって対応が異なります。

→ブロンコビリーの店舗検索はこちら

スポンサードリンク

喫煙は可能

スポンサードリンク

ブロンコビリーでは、年末年始などの特別な時期に終日禁煙とするなど、随時公式サイトで発表をしています。

基本的には、分煙の店舗が多い傾向にあります。

ただ、禁煙席と喫煙席の境目が曖昧な部分もあり、禁煙席であるにも関わらずタバコの臭いが気になるということは発生しているようです。

ブロンコビリーのランチまとめ

当記事の内容をまとめます。

  • ブロンコビリーのランチの特徴
    1. 土日祝日も16時まで注文できる
    2. サラダバーのみの注文ができる(平日のみ)
    3. 夜の時間よりランチの方が同じメニューが安い
  • ランチにスープは付いています
  • ドリンクバーは付いていませんので注文する必要があります
  • サラダバーはランチの方が夜より安いです
  • 夜のみ以下のメニューが置いてあります
    • 生八つ橋&粒あん
    • ビリーさんのふわふわティラミス
  • サラダバーの内容は基本メニュー+季節のメニューです
  • ランチは基本的に全ての店舗で実施しています
  • ランチの時間は11時~16時です
  • 土日祝日もランチメニューが注文できます
  • ランチに利用できるクーポンがあります
  • 予約は店舗や時間によって可能です
  • 喫煙は店舗によります

以上です。

ブロンコビリーのランチは、ハンバーグやステーキといったガッツリ系のメニューを食べても、野菜不足にならないような配慮がされています。

土日祝日もランチメニューがあり、人気があります。